第15回富士山麓トレイルランにエントリー!

大会
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、おぢさんです。

9月に入り、いよいよランニングシーズンも本番に近づいてきました。

新型コロナウイルス感染症の影響はまだまだあるものの、徐々に大会が申し込みのできる大会が増えてきましたね。

私も早速、第15回富士山麓トレイルランに申し込みをしました!!

主な大会要項

開催日

2021年10月2日(土)開催

種目・人数・参加料・制限時間等

種目累積標高定員参加料制限時間
ロングコース(18km)現時点で不明550人6,000円現時点で不明
ショートコース(10.6km)474m250人5,000円現時点で不明

ロングコース(18km)に参加します!

コース・会場アクセス

コースMAP

私の参加するロングコースは、大体同じ場所を往復するコースのようですね。

コース高低図

コースの多くが同じ場所を往復するため、割と左右対称な高低図です。

とはいえ、ショートコースフィニッシュからエイドステーションまでは激坂ですね。。

絶対歩きそう。。

参加賞

マグカップ

大会に出ると、どんどんランニングシャツが溜まっていきます。

それもあって、余程いいデザインでないとランニングシャツは着ないんですよね。。

そのため、マグカップのようなものの方が、個人的には嬉しいです!

この大会の魅力!!

横浜から日帰りで参加可能!!

私は横浜(の田舎)に住んでいますが、この大会は頑張れば日帰りで参加できます。

横浜から日帰りで参加できるトレイルランの大会はあまりありません。

多くの大会が土日を潰して参加するような形になってしまいます。

当然家族との兼ね合いもありますし、宿泊費、交通費等もかかるので、日帰り可能な大会は大変貴重です。

ただ、日帰りの場合はかなり早めに家を出発しないといけないので、寝坊だけ注意ですね!

横浜駅からだと、こんな感じでいけます。

バスの選択肢も考えたのですが、高速道路が渋滞したする可能性を考えると、電車の方が安心感がありましたので、今回は電車にしました。

なお、河口湖駅から受付会場の道の駅「かつやま」までは徒歩45分程度。。

ロングコースの受付終了時刻は9時30分なので間に合いますが、レース前に45分歩くのをウォーミングアップと捉えるかどうか次第ですね。

バスは受付終了時刻までにはないため、タクシーを拾うことも考えてます。

おぢさん
おぢさん

仕事の関係で、前泊は無理だったというのもあるんですけどね。。

景色良い!!河口湖綺麗!!

(大会HPより)

河口湖やその周辺は観光したこともありますが、非常に景色が良いです。

晴れていたらとても気持ちいい環境の中で走れるのも大きな魅力です。

特にトレイルランの大会は当然ながら山の中を走ることが多く、湖の近くを走るのは中々経験できないのではないかと思います!

10月初旬の大会だから

9月から気温も下がり始め、ランニングに適した気候になってきます。

私自身も、9月に入ってから本格的にランニングを再開することにしました。

そんな中、なるべく早い段階で大会があることで、大きな目標になるとともに、モチベーションになります。

レースをしっかり走れるように、9月はいい準備をしたいと思います!

福田六花さんプロディースの大会であること

ご存じでない方も多いかもしれないですが、福田六花は日本のトレイルランニング界では知らない人はいないくらい有名な方がプロデュースをしています。

日本最高峰のトレイルラン大会「Ultra Trail Mt. Fuji(通常UTMF)」の主催者でもあります。

そのUTMFを開催するまでの困難な道のりを描いたノンフィクション小説があります。

小説では、トレイルランの大会を開催に必要はビジョン、どんな困難が待ち受けても諦めない意思、環境への配慮、地域の方々への理解等々、様々なことが描かれております。

そのように尽力されている方がプロデュースしている大会ということもあり、出走することに決めました。

公式サイト

詳細は公式サイトにありますので、興味のある方は是非ご覧ください。

第15回富士山麓トレイルランは本日で締め切りですが、その他の大会はまだまだ申し込めますよ!

第15回 富士山麓トレイルラン【公式】
2021年10月2日(土)に開催される第15回 富士山麓トレイルランの【公式】サイトです。当サイトではコースマップ、エントリー情報などご覧いただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました