ミニマリストへの路〜おぢさん、断捨離を始めるってよ

断捨離 ミニマリストへの路
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、おぢさんです。

みなさんは、「ミニマリスト」という言葉を知っていますか?

ミニマリストとは一言でいうと「不要な持ちものを減らし、自分に必要な最小限のものだけで暮らす人」のことらしいです。

ミニマリストの中でも究極的な人は、物欲というものが無くなった世界で暮らしているような人もいます。

今回は、何故私がミニマリストを目指そうと考えたかということについて、お話したいと思います。

ミニマリストのメリット(一般論)

ミニマリストになるメリットは、主に以下のものが言われています。

無駄なお金を使わなくなる

自分に必要な最小限のものしか持たないため、相対的にお金を使う機会が減ります。

買う際に「気に入ったから買う」だけでなく、「必要だから買う」という思考がプラスされるため、衝動買いや浪費が抑えられるというものです。

掃除が楽になる

自分に必要な最小限のものしか持たないため、相対的にモノが少なくなります。

モノが少なくなるため、床にモノを置かなくなる、掃除の際にどかすモノがなくなる等、掃除の際のひと手間が無くなります。

時間が増える

自分に必要な最小限のものしか持たないため、以下の時間が余る(=増える)ようになります。

・片付ける時間

・掃除の時間

・見当たらなくなったモノを探す時間

・洋服を選ぶ時間

人間関係によるストレスが緩和される

自分に必要な最小限という考えのもと、自分にとって不要だけれども、何となく切りづらい人間関係を整理することができる(そうです)。

ミニマリストを目指そうと思った理由

在宅勤務が増えて、家のことが気になり始めた

ミニマリストを目指すきっかけは、新型コロナウイルス感染症により在宅勤務が増えたことでした。

在宅勤務が増えると家にいる時間が多くなることから、今まで特に気にしていなかった家のことが徐々に気になるようになりました。

床にモノが置いてある

床にモノを置いてしまう癖がある同士、いませんか?

私は机の上に置いてあったものを、机を使うので床に置く、床を使ってストレッチをしたいので今後は机に置く…(以下、エンドレス)

出勤している時は1週間に1度くらいなので何も気にしていませんでしたが、在宅勤務の日はほぼ毎日のようにモノを机から床へ、床から机へ移動しています。

これは流石に無駄だなと思い始めました。

モノをよく無くす

1分前に使っていたものを探してしまう同士、いませんか?

私は「あれ?さっきまで使ってたのに、どこやったっけ?」ということがよくあります。

出かける前にやると、奥さまに怒られます。(当たり前ですが。。)

色々な場所にモノがおいてあるので、見つからなくなってしまうんですよね。

モノをよく探す

机の上のペン、どこいった?昨日書いたメモ、どこいった?なんて探してしまう同士、いませんか?

私はしょっちゅうです。

仕事中に探していると、それだけで時間が取られてしまいます。

特に取引先の方から電話がかかってきてメモを取ろうとしたとき、ペンがない、メモがないとなると、途端に焦ってしまいますよね?

こんなことが割とよくあります。

物欲が無くなってきた

在宅勤務が増え、平日に外に出て人に会う機会が減ったこともあり、物欲が無くなってきました。

正確には、歳を取るにつれて物欲は無くなってきていたのですが、仕事で使うものについては結構物欲はありました。

社会人である以上、最低限の清潔感は必要ですし、スーツやジャケパンが好きなので。

ただ、仕事で使うものについても、在宅勤務が増えたことで消耗する機会が少なく、今あるもので必要十分になってしまいました。

ミニマリストなりたいまとめ

ということで、まとめると、

・掃除が楽になる

・時間が増える(というか、無駄な時間をなくす)

というのが、私がミニマリストを目指そうと思った理由です。

おぢさん
おぢさん

無駄な出費もついでに無くなりそう!

それって、単なる断捨離や整理整頓じゃない?

はい、そうです(笑)

多分、ちょっとミニマリストって名乗ってみたかっただけかもしれません。

でも自分はミニマリストになるんだ!と思うことで、断捨離や整理整頓が進めばいいんです!

だって、今まで片付けられなかったんだから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました