私の愛した逸品No.1 ALTRA Escalante(アルトラ エスカランテ)〜断捨離道

ALTRA Escalante1 ミニマリストへの路
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、おぢさんです。

ミニマリストを目指すには、まず不要なものを無くさなければなりません。

そこで、泣く泣く断捨離せざるをえなくなったもののうち、私自身が愛着があったものについて記録を残したいと思います。

ALTRA Escalante(アルトラ エスカランテ)とは

ALTRA Escalante(アルトラ エスカランテ)とは、ランニングシューズのことです。

私は最近ずっとこのシューズを履いてランニングをしていました。

ALTRA(アルトラ)とは

ALTRA(アルトラ)は、2009年にアメリカで生まれたランニングシューズメーカーです。

元アメリカ代表の長距離ランナーである創業者が、ランニングによる怪我(ランニング障害)がなくならないシューズを作りたいという理念で立ち上がげたブランドです。

人間が裸足で立っているのと同じ自然な状態のランニングシューズがあれば、ランナーの怪我は減るのでは?というアイディアのもと、ランニングシューズを作成しています。

ALTRA-ランニングシューズ
「自然な走り」を実現させるドロップ差のない足形をしたシューズ

Escalante(エスカランテ)とは

Escalante(エスカランテ)とは、ALTRAのシューズの名前です。

ALTRAのランニングシューズの代表的なもので、今現在では2.5というバージョンのものが発売されています。

ALTRAのランニングシューズは他にもたくさんありますが、THE スタンダードとも呼べるシューズです。

おぢさん
おぢさん

私のシューズは初代(1.0)になります。

購入理由

ALTRA Escalanteの特徴は、ゼロドロップシューズという、踵とつま先のソールの厚さが1:1と同じ高さになるようにデザインされています。

これは、本来素足で走ったり、歩いたりするときと同じ角度で足低部分が地面に接地する事ができ、最も自然な歩き方であると考えられています。

私がランニングを始めたきっかけの1つに「BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”」という本があります。

その中でも「ベアフット」という素足で走ることの重要性が書かれており、このシューズにも興味を持ったという経緯がありました。

断捨離する理由

シューズの寿命がきたためです。

トータルで572.88km走りました。

2020年8月27日から履いているので、かれこれ1年ちょっとお供しました。

これだけ走ったので、流石にクッション性が無くなりました。

本当はもう少し早く断捨離したらよかったのですが、走れるっちゃ走れるのでずっと使用していました。

おぢさん
おぢさん

クッション性が落ちたシューズは、怪我の原因にもなるので要注意です!

想い出〜初めての帰宅ラン

このEscalanteはコロナ禍で履きおろししたシューズなので、実はあまり想い出がありません。

というのも、参加しようとした大会が軒並み中止となってしまったためです。

が、唯一にして無二の想い出が1つだけあります。

それは、人生初の帰宅ランをしたシューズとということです!

帰宅ランにずっと憧れていたので、初めてできた時は感動しました。

お世話になっている上司が住んでいる駅から家まで走ったので、途中見つからないかヒヤヒヤしたものです(笑)

まぁ見つかっても怒られることもないんですけど、何かヒヤヒヤしてました。

(なお、2021年9月14日現在、帰宅ランはこの1回しかしていません。。)

靴底がフラットなので、意外と鞄のスペースを取らず、持ち運びやすかったですね。

そういう意味では、出張先にも持ち運びやすいかもしれません。

おぢさん
おぢさん

湘南国際マラソンを走りたかったのですが、残念でしたね。。

再購入の価値あり!!

今は色々と自分に合うシューズを探しているため、すぐに同じシューズは買いません。

ただ、その履きやすさ、ゼロドロップという考え方は非常に好きなので、また舞い戻っているかもしれません。

ALTRAのシューズといえば、トレイルランニングのシューズも様々なものが出ています。

もしかしたら、次はトレイルランニングシューズを買うかもしれません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました